富士急ハイランド

日本一の遊園地、富士急ハイランド

遊園地、富士急ハイランドの近くのホテル、ペンション、旅館、温泉などが直接予約できます

日本一の遊園地、富士急ハイランド インドアプレイグラウンド アウトドア、キャンプ、登山 国内、海外旅行予約 天気予報 検索 テレビ番組 旅行記レポート SEO検索エンジン対策 サーチコンビニ 母の日にプレゼントを! ゴールデンウィークは旅行に! 年中使える便利な旅行サイト 天気予報 サーチコンビニトップページ 検索、サーチエンジン テレビ番組 お出かけ旅行レポート SEO(検索エンジン対策)



富士急ハイランド周辺のホテルの料金を見てみる
富士急ハイランドは、富士山のふもとの富士五湖の1つ、河口湖から近く首都圏からも2時間程度と、リゾート気分を盛り上げてくれるのに最適な位置にあります。周りは自然がいっぱいで、緑に囲まれているような気分にさせてくれます。富士急ハイランドは、いろいろな意味で日本一の遊園地だと思っています。
ジェットコースターのフジヤマ(FUJIYAMA)をはじめ、ギネスを狙ったトドンパなど、目玉となる絶叫系マシンがたくさんあり、今年(2006年夏)には、「ええじゃないか」と言うネーミングからして意味がわからない新しいジェットコースターが完成するそうです。絶叫系マシンが大好きなカップルにはすごく楽しい遊園地であることは間違いないでしょう。カップルは日帰りが多いと思いますがせっかくなので宿泊して富士急ハイランドを楽しみたいところです。
ホテル、旅館、ペンションなどに泊まらなくても周りにたくさんラブホテルが存在しているので安く済むと思いますよ。富士急ハイランド周辺のラブホテル情報も最後にリンクしておきます。
トップページはサーチコンビニです


富士急ハイランドオフィシャルページ


富士急ハイランドは、高速のインターチェンジからも近いのでアクセスは抜群です。
駐車場も広く快適に止められますが、週末はさすがに混雑は必死だと思われるので、カップルや家族の方は首都圏からなら早朝に出ることをおすすめします。一番のお勧めは、土曜日に出発しゆっくりとホテルや旅館などにチェックインしてゆっくりと温泉や食事などを楽しむ。
そして、次の日の朝早くチェックアウトして富士急ハイランドに向かうと余裕ですね!!

夜の富士急ハイランドの入り口です。後ろにはフジヤマ(FUJIYAMA)が見えますね!
入り口を入るとどこに行ったらいいのかわからなくなりますが、とりあえずまっすぐ進みましょう。
無事にパスポートを購入できたら、やっと入園・・・と思いきやまずパスポートに自分の顔写真を撮影しなければいけないのがびっくりです。平日に行ったのですがそれでも撮影する機械はちょっと並んでいました。週末ならば混雑しそうです・・・。

やっとパスポートに印刷できましたが、白黒でなんとなくわかる程度でした。
ちょっとガッカリしながらようやく入園です!!

まずはジェットコースターのフジヤマです



すぐにフジヤマの入り口がありますが、すでに動いていました。平日ということもあり待ち時間は、10分〜20分程度だったのでこの日は4回乗れました。何度乗っても感動すること受けあいです。
週末や連休などは今でも数時間待ちになるほど大人気のジェットコースターです。
ここまで人気のあるジェットコースターを持っている遊園地はそれほどないですね。

ジェットコースターが苦手な人も一度は体験して欲しいな〜と思いますが、ジェットコースターとしては少し強烈なレベルにあるのでダメかな??私としては、怖いというよりは気持ちいい♪という感じでした。とても完成度の高いジェットコースターだと思いますよ。最初のファーストドロップはかなり気持ちいいです♪フジヤマは、完成した当時はギネス記録を保持していましたが、長島スパーランドのスチールドラゴンが4冠(高さ、落差、距離、スピード)を達成しギネス記録は塗り替えられました。

少しスチールドラゴンの感想

スチールドラゴンは2000年にできたので、スチールドラゴン2000と呼ばれていました。
現在は、事故でけが人が出たために中止され、未だに稼動していません。2008年現在は稼動再開しています)現在は噂ではスチールドラゴンのメーカー?が現在はないために修理もできないためらしいですが、真相は不明です。
完成当時から期待が高く、ニュースレポートでTVでよくやっていましたし、関西在住の私としても期待していました。ようやく長島スパーランドに行く機会があり乗ることができたので、その時の感想を少し書きたいと思います。

まず、長島スパーランドは週末でもそれなりの来場者があり、現在でも大人気の木製コースターのホワイトサイクロンは待ち時間最大で数時間になることもあります。その他にも絶叫系マシンはたくさんあるのですが、目玉商品としてはホワイトサイクロンだけになってしまいました。

スチールドラゴンが稼動していた当時は、ホワイトサイクロンとスチールドラゴンだけでもかなりの人で、スチールドラゴンは3時間待ちになったりしていました。
待っている間にスチールドラゴンを見ていたのですが、スタートからものすごく高い位置まで上がっていく様は感動的でした。めちゃくちゃ高いので、観覧車よりも高い位置まで上がるみたいです。
ようやく、乗ることができました。安全バーを下ろし・・・って普通は肩にかける安全バーだと思っていたのですが、普通の小さなジェットコースターにある足だけのものでびっくりしました。
こんなので大丈夫??って本気で思いました。それだけで恐怖感が・・・。

ようやくスタートし、期待でワクワクします。チェーンで引っ張られカタカタと空に向かって一直線に上がっていきます。どんどん上がっていきます。遊園地が一望どころか上から見下ろすような感じまで上がっていきますが、まだまだレールがあります。上がるだけでも1分半くらいかかるらしいです。実際それくらい長い間、登り続けていました。

そして、最高地点に到達すると、レールが見えなくなり後は落ちるだけ・・・と思っていたらゆっくりと下を向き始めたと思ったら一気に加速し落ちていきました。その加速といったらほんとに落ちる感じで、安全バーも足だけしかかかっていないので、余計にお尻が浮きました。ふわーっと持続する時間がすごく長く、ジェットコースターのあの浮遊感が好きな人にとってはとっても気持ちいいと思います。
そんな浮遊感が、3回続きます。どんどん山は小さくなるのですが、ファーストドロップから3つ目のサードドロップまででもまだまだ楽しませてくれます。そして、一気に旋回ループに入ります。そのループの直径がすっごく大きいのでこれも楽しいです。爽快感抜群です♪

最後にウェーブに入りますが、これもアップダウンがそこそこ大きくここでもお尻が浮きます。
そして、ウェーブが終わるとおしまいですが、全体的に爽快感が楽しいジェットコースターという感想でした。下手にダブルループとかツイストとかあるよりもずっと気持ちよいし楽しかったです。
今では乗れないのが残念ですが、是非是非なんとか改良してでも運転再開して欲しいところです。
長島スパーランドは、関西圏では一番大きな遊園地なので、東の富士急ハイランドに負けないぐらい良いものをどんどん出して楽しませて欲しいですね!

なんと、2006年8月中には、スチールドラゴンが遂に復活するそうです。
スチールドラゴンの復活でまた長島スパーランドに更に元気が出ることでしょう!!
あのファーストドロップの高さはとんでもないので、是非是非体感してみて下さい。

※スチールドラゴン復活後に乗ってきました!!
2回乗れましたが、2回目はなんと一番前でした。待ち時間は1時間ほどでした。
一番前のファーストドロップはまっさかさまです(汗)
ファーストドロップから巨大旋回にかけて、ほとんど息ができないというか顔が風圧でつぶれるほどのスピードですので女性にはおすすめできません(笑)
一番前は怖いというか息ができないし目も開けていられないので大変でした。
こんなジェットコースターってなかなかないです。

スチールドラゴン(長島スパーランド)の詳細レポートはこちらからどうぞ
お出かけレポートよりお入り下さい


さて、ちょっと脱線しましたが、富士急ハイランドに戻ります。
どうして、長島スパーランドのスチールドラゴンの話をしたかと言うと、フジヤマと比較したかったんです。スペックなどを見ても、スチールドラゴンがフジヤマを意識していたのは間違いないでしょうしね。

それで、比較した感じですが、ギネス記録でもスチールドラゴンがフジヤマの記録を塗り替えたのは間違いないんでしょうけど、私個人的な感想としては、爽快感ではスチールドラゴン。楽しさではフジヤマで、総合ではフジヤマです。スチールドラゴンは、単調なレイアウトでただ記録を塗り替えたかったような感じがするのに対し、フジヤマはレイアウトもよく考えられていて、これぞジェットコースターって感じでした。爽快感もありますし、迫力もあり、満足度も非常に高いです。

フジヤマに搭乗し出発する時は係りのスタッフがハイタッチをしてくれて気分を盛り上げてくれます。
そして、最後にブレーキがかかって終わった時も乗っていた人ほとんどの人から自然と拍手が起こるほど満足しているようでした。実際に私も満足しましたし拍手もしました。こんなジェットコースターはないなと感じました。富士急ハイランドに行ったら是非並んででも乗る価値があると思いますよ。

次は、日本最速 ドドンパ!!



トドンパの飛び出した瞬間を捕えた写真!!
この時点で最高速の170キロは出ているのでしょうか?
全員加速Gでシートに貼り付け状態だと思われます。

ドドンパは、普通のジェットコースターと違い、圧縮空気によってスタート時が一番楽しいというまた違った楽しさがあるジェットコースターです。
この日は平日だったのにもかかわらず、並んだ時間は1時間以上!!
それでも合計3回乗ることができました。並んでいる間は、「ドン・ドン・パッ」というリズムが聞こえているので思わず口ずさみそうになるくらい聞きました。

ようやくトドンパに搭乗することができましたが、一度の乗れる人数がフジヤマより少ないために回転率がよくないせいか並ぶんだろうなと感じました。スタートして、まずはトンネル部に入ります。
そして、少しバックして弾丸が込められて引き金を引いているような状態に感じます。

シューという空気を圧縮している音でしょうか?そんな音がしてさらにドキドキ感が高まってきます。
見えているのは、トンネルと遠くに外の光が見えます。まさしく、銃口の中の弾丸の気分です。

間もなくして、カウントダウンが始まりました!!
3・・・2・・・1・・・来るっ!?という身構えますが、
一瞬ほんの一瞬だけの間があり、あれ?と思った瞬間、

ドドンパーーーー!!!

という声とともに猛烈に背中を押されて一気に暗闇のトンネルから明るい外に飛び出しました。
あまりにも速すぎて外の景色なんて見てられないです。次の瞬間には垂直タワーを登り高い位置から今度は垂直落下!!!ここまででも速すぎてあっという間でした。

ここまで来るとほとんど終わりで、感想はとにかく最初のスタートダッシュが強烈すぎてその他はあまり憶えていないのが本気です。このあと2回乗りましたが、3回目には両手をあげてのスタートダッシュに望みました。さすがに加速Gで両手が後ろに持っていかれそうになるもののなんとか耐えられました。
とにかくあのスタートダッシュが強烈なので初めて乗る人は楽しみにして下さいね。

そして、次の強烈アトラクションは・・・

トンデミーナ

です。またまた変なネーミングですが、遠くから見ると振り子のようなものが動いているのが見えます。
ピザーラカラーなのですぐにわかると思いますが、近づくにつれてとんでもないものだと気づきます。


写真でわかるでしょうか?円形のものに人が大勢乗っていて足が飛び出しているのを。
今までのアトラクションとはまた違う絶叫系アトラクションでした。静止画だと伝わらないかもしれないですが、実際に目の前で見ていると、ものすごいスピードで振り子のように振り回されています。
ある意味ジェットコースターより怖さを感じるのではないでしょうか?振り子のように振れるだけでなくて、円形部分も回ります。お尻がふわっと浮遊感も抜群です。一番上まで上がると結構な高さです。
富士急ハイランドの中では以上の3つが私のお気に入りです。もちろん絶叫系よりですけどね。

富士急ハイランドには、他にもたくさんアトラクションがあるのですが、どれも楽しく普通の遊園地にはない楽しさが園内にあふれています。写真を撮り損ねたのでご紹介するのに文章だけになってしまうのですが、あといくつかご紹介します。写真は次回の取材時にたくさん撮ってきたいと思っています。


この時期はクリスマスではないのですが、クリスマスツリーではなく、富士急ツリーがありました。
ちょうど、フジヤマとトドンパの間の通りにあります。


夜の富士急ハイランドの観覧車です。夜はとてもいい雰囲気ですね!
重なって見えるレールはトドンパの垂直タワーです。

富士急ハイランドには、有名なお化け屋敷。

超・戦慄迷宮があります。ここには今回は入らなかったのでレポートはできないのですが、とんでもないお化け屋敷です。
なんと建物は2階建ての気合の入ったもので、

歩行距離700メートル、所要時間約50分

ギネス記録に認定されています。

料金は別で500円が必要なのですが、それ以上に楽しめる?はずです。
ここのレポートも次回のお楽しみに!!

超・戦慄迷宮のオフィシャルページ

さて、私のもっとも気になっているのは、新アトラクション

ええじゃないか

です。誰もが気になっているみたいなので、できるだけわかるところで調べてみました。
開業日
形式
料金
総工費
ギネス記録

高さ
2006年7月19日(水曜日)夏休み直前にオープン予定
ローラーコースタータイプ
フリーパス使用可−料金1,000円
36億円   ※フジヤマ、ドドンパは約30億円と上回る
現在は不明だが、申請中らしいです。認定されれば公開されるでしょう
約80メートル フジヤマは約79メートルとほぼ同じ程度の高さ
「ええじゃないか」プレスリリース
上からご覧になれます。工事中ですが写真もあります。
PDFファイルとなっていますのでご注意下さい。

ええじゃないか」の建設中の写真が載っているリンク
ええじゃないかの建設中の写真が39枚あります
ええじゃないかの建設中の大きな写真が4枚あります
ええじゃないかの建設中の写真が2枚あります
ええじゃないかの建設中の写真が3枚と看板1枚あります
ええじゃないかの建設中の大きな写真が3枚あります
ええじゃないかの建設中のかなり大きな写真が2枚あります
ええじゃないかの建設中の大きな写真が30枚あります
ええじゃないかの建設中の写真が4枚あります

ええじゃないかの期待度が高まりますね。
建設中の写真とプレスリリースの写真を見て海外の参考サイトを見ると下のようなコースターになるのでしょうか?私の勝手な予測なので間違っていたらゴメンナサイ・・・。
富士急ハイランドのすることですから、普通のコースターなわけはなく、何でギネスを狙っているのか気になるところです。

上のようなコースターでも怖そうですね!
フジヤマと同程度の高さなのでそれなりに爽快感もありそうです。

今年の夏休みは「ええじゃないか」「フジヤマ」「ドドンパ」とジェットコースターだけでもものすごく混雑しそうな感じですが、是非「ええじゃないか」は乗って早急にレポートしたいところです。

富士急ハイランドはアトラクションだけでも、カップルや子供づれの家族にも楽しい遊園地ですが、アトラクションだけでなく、アトラクションを待っている間にも楽しませてくれるような看板や落書きのようなものがあったりと、遊び心がたくさんあって楽しいですよ。

ただなんとなく歩いている道路にも何かしら変な物体があったり、変な看板があったりと、ほんとに上手な経営をしているなと感じます。ディズニーランドにも負けないぞ!というような雰囲気のものもあったりと笑えるものもあるので是非探してみて下さい。

子供連れには過激すぎるアトラクションが多いと思いがちですが、それは間違いです。
そのあたりはさすがは富士急ハイランド!子供でも十分楽しめるアトラクションがたくさんありますし、
子供が大好きな
トーマスランド
もあります。普通の遊園地にありがちな小さな乗り物があるのではなく、本当にトーマスランドと言えるほど大きなもので、これだけでもトーマスランドの遊園地と言えるくらいです。
子供はトーマスが大好きなので、ここだけでもかなり遊ばせてあげることができると思います。

トーマスと言えば、富士急ハイランドに隣接している、
ハイランドリゾート

という富士急ハイランドのオフィシャルホテルがあります。
ここの部屋にトーマスの部屋があるので、予約を取るのは難しいかもしれないですが、
きっと子供は大喜びすると思います。もちろん普通の部屋もあるので、写真をクリックして予約状況を見て参考にしてみて下さい。このまま予約もできるみたいです。

富士急ハイランドは、1日よりも2日程度で思いっきり楽しみたいところです。
1日思いっきり遊んで、その日にどこかに宿泊するパターンか、前日に周辺ホテルに泊まって翌朝から思いっきり遊ぶパターンがありますね。
カップルならラブホテルなどを利用するのも良いかもしれません。夫婦でもラブホテルは良いと思いますよ。質の良いラブホテルはその辺のシティホテルよりもずっと快適ですし、安いですよ。

ここからは、富士急ハイランド周辺のホテルや旅館などをご紹介したいと思います。
できるだけ安く探せるようにたくさんのホテル、旅館を掲載していきますね。

富士急ハイランド周辺のホテルや旅館、ペンションなどはこちらからたくさん検索できます。

サーチコンビニトラベル

富士急ハイランド周辺のラブホテルはたくさんありますが、
このリストの中から参考にして下さい。

富士急ハイランド周辺ラブホテル情報

ラブホテルは現在はファッションホテルやレジャーホテルなどと昔とは違うイメージとなってきていまして、今までは隠れ気味に入店していたものが今では若いカップルから年配のご夫婦まで気軽に入れるように作りで、しかも部屋も広くたいへんくつろげる空間となっています。
食事付もありますし、サービスはたくさんありますが、1つ注意することは、安すぎるホテルは少し遠慮した方が良いということです。ある程度の料金や口コミで評判のラブホテルさんなら大丈夫でしょう。安く済むラブホテルは魅力的ではありますが、週末や夏休み、ゴールデンウィークや年末年始は、混雑していることが多いので多少の予算があるなら、近くの旅館やホテルを予約しておいた方が安心です。近くには食事できるところもあります。

富士急ハイランドの周辺(山梨県)エリアでのラブホテルの予約は
ラブホ予約
上のバーコードを携帯で読むと便利です。
QRコードがない携帯をお持ちのかたは、サーチコンビニモバイルトップページより
「デート」よりお入り下さい。
http://mobile.sachicon.com/
上は携帯よりアクセスして下さい。
富士の宿 おおはし ホテル美富士園 富士吉田 ビジネス&ファミリー旅じや
富士バナジウム鉱泉郷 やすらぎの別邸 四季亭 河口湖 富士ビューホテル

これからもどんどん富士急ハイランドについての良い情報を掲載していきます。
みんなで富士急ハイランドを楽しみましょう。




このホームページはサーチコンビニの一部となっていますので、
上から入ってお出かけレポートよりどうぞ!!
他にもたくさんの絶景スポットや宿泊施設、テーマパークや遊園地、公園などなど
たくさんのレポートがサーチコンビニお出かけレポートで更新中です。

本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。
http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
トップページはサーチコンビニです